2008年1月31日木曜日

2008年1月のエロラノベレビュー

この投稿へのリンク

 今年最初のエロラノベレビュー。ということで今月は5冊。

 オススメ度:★★★
 「サムライガール」シリーズの第6作目にして最終巻。というか5巻目でウェディングドレスとか着ちゃってたりしてほとんど終わってると思ってた。
 最後にして最強の敵はフランスにいた刹那の姉、サクラ。オッドアイを持たず、銘刀を握る資格がなかったために母親ともども捨てられた過去を持つ彼女は刹那を殺すべくロリっ子フレイル使いジャスミン、槍使いルスカスとともに刹那&かなで&舞羅に挑む。
 まさに生死を賭ける戦いを前にそれぞれの主とともにパリにやってきた3人のそれぞれのエッチが見られるところが今回の見せ場。それでも刹那のエッチ量はまったく自重していない上に、敵側にもそれぞれイベントがあるからそっち方面のボリュームはもう十分。
 なので話のオチはご都合主義でもよかったんだけど。問題の最終決戦の描写がねぇ……。もともと戦闘シーンがうまくなかったとは思うんだけど、こっちの手を抜いちゃいけないだろうと思った。あとジャスミンはロリっ子ぺたんこキャラなんだよね。描けるんじゃんw

 オススメ度:★☆☆
 4姉妹が巫女を勤める神社の神様が悪霊から神社を守る力を得るために4姉妹の処女をいただくというお約束な話。長女から四女まで年齢相応の体型なのでそれぞれの属性のどれかにはヒットするかと。最後は4姉妹と三女の式神3体で1対7という稀なハーレム画像(見開きなのがイヤ)が見られます。
 ただどうしても挿絵の作画がヘン。おまけに陰部周りの毛の描き方が異常に汚い(特にカラー)。この絵師の問題だと思うけど、なんでこの作家と抱き合わせになることが多いのかと思うと……
 ちなみに「巫女4人」という組み合わせでは巫女かるてっと (二次元ドリーム文庫) 真慈 真雄 (4姉妹)とボクだけの巫女姉妹 (美少女文庫) 羽沢 向一 (母親と3姉妹)がある。「巫女かるてっと」は結構オススメ。
 あと文章で気になったのは主人公が女性の「子宮底を突く」という表現。子宮マニア(?)ならわかると思いますが、子宮底は子宮姦でもしないと突けない位置にあるので、わかつきひかる的には「子宮頚部」または「子宮頚管」が正しいです。はいw

 オススメ度:★★☆
 ある日突然亡くなった祖父の財閥の跡継ぎになった主人公が同級生のメイド長と警備メイド&その妹、そして担任教師メイドの4人をはじめとするメイド隊とお屋敷で暮らすことになった……まぁこれもエロラノベの導入としてはよくある話。まずは過保護な警備メイドを崩すところから始まって、最後はメイド長の心を揺り動かすことができてメイド長エンド。ここでメイドにまつわる秘話がかかわってくるものの。これもよくある話で。
 ただ成就はしても、意外と律儀に付き合おうとする主人公&メイド長はちょっと萌えた。まぁ他の3人が我慢できなくなるんだけど。

 オススメ度:★★☆
  お嬢様ばぁさすお嬢様 (二次元ドリーム文庫 59) 伊吹 泰郎 の続編。前回「ダブル★フィアンセ」、今回は「トリプル★フィアンセ」とあるように愛美、薫子に続いて幼いころに結婚の約束をした愛美の元同級生、100センチ超のバストも持ち主で社長業の修行のためスーツ姿の北条さやかが登場。で、今回処女喪失した愛美のメイド凛とイギリスからようやく帰ってきた薫子&相変わらず策士なメイド詩織が加わって1対5ハーレムを繰り広げます。
 個人的には今回和ゴスで攻めてきたロリ担当薫子が前作から好き。だからさやかの登場は……あまりうれしくなかったりする。しかも近くに引っ越してきて同じ学校にも通うらしい。続編アリアリな引きなんだけど次は「クアドロ★フィアンセ」か?

 オススメ度:★★★
 運動部と文化部の予算分配をめぐり公平にすべきという無所属巨乳好き生徒会長と運動部に配分すべきという弓道部の貧乳副会長の支持取り合戦。前半は巨乳の漫画研究会会長と水泳部顧問の教師、後半はチア部と副会長の貧乳コンビがメイン。最後はもちろん最大の敵だった副会長を攻略するわけですが、貧乳ロリな彼女はなんとまだ初潮なしというおまけつき。極端に貧乳と巨乳の作品を書いていたんですが今回はハイブリッドなようで。もちろん最後は1対4ハーレムです。生徒会長の巨乳への情熱と最後の開き直りがエロラノベらしくて素敵です。

2008年1月29日火曜日

BPO議事録より 2007年12月分

http://www.bpo.gr.jp/youth/giji/giji_0712.html(今年度第8回青少年委員会)

③アニメ番組について

 京都父親殺人事件に関連して、2つのアニメ番組が放送中止・休止になり、それ以後も深夜に放送されていたアニメが打ち切りになったことなどに対し、「深夜アニメが問題というならば、視聴年齢制限制度をつくるべきだ」「影響があるからと打ち切りにするより、青少年が安全に視聴できるよう映画のPG指定相当の区分を導入してほしい」といった視聴者意見が寄せられ、委員から次のような発言があった。

▽深夜帯に放送しているアニメは、大人向けの内容でもタイトルだけでは分からないものもあるので、番組のタイトルに“何歳以上”といった注意書きがあったほうがいいのではないか。
▽視聴年齢制限制度を導入すれば、見せたくない保護者は自主的に制限がかけられるのでこれも選択肢の一つと考えられるのではないか。
▽年齢制限制度をつけてしまうと、かえって子ども達に見たい気を起こさせてしまうのではないか。

 以上の審議の結果、深夜帯のアニメについては、今後も注視していくことになった。

 注視するそうです。結局中身は見たんでしょうか。中身に関する言及が議事録から全く感じられないんですが。

④パチンコCMについて

 アニメゲームを基にしたパチンコ台のCMについて、「性的なことを連想させる表現が出ているので、子どもが見る時間帯での放送は自粛してほしい」といった意見が視聴者から寄せられ、委員から次の意見が述べられた。

▽子どもが見る時間帯のCMについては、過度の性的表現などは注意して放送してほしい。
視聴者が指摘しているパチンコCMは、だんだん表現がエスカレートしているようだ。局の考査はどう判断しているのか疑問がある。
▽番組はチャンネルを替えるなどで選択できるが、CMはいつどんな内容のCMが流れてくるか分からないので、視聴者には選べないということを放送局は考えてほしい。

 以上の審議の結果、パチンコCMの放送状況を調査したうえで、さらに議論していくことになった。

 こっちはさすがに見てる人がいるんだなという雰囲気だけは感じ取れるけど、BPOへの意見にはパチンコCMの存在そのものを問う意見が以前からたくさん来てるみたいなんですけどね。その点は議論の範囲なんでしょうかね。


2008年1月12日土曜日

B!P!O! B!P!O!のコーナー 2007年12月分

 新年明けまして一発目。http://www.bpo.gr.jp/bpo/iken/index.html
●報道編
 殺人事件の報道が過熱していく昨今、報道番組のあり方が問われているが、佐世保銃乱射殺人事件の死亡した犯人の過去の履歴書がテレビに映された。これは見ていていかがなものかと思った。犯人がどうこうではなく、それをメディアに流す企業があるということが問題だ。そして報道のされ方も職歴、職業、資格、志望動機まで画面に映されている。転職回数が多ければ信用は低くなるかもしれない。しかし、それがあたかも犯罪をする人間かのように報道するのはいかがなものだろうか。景気のよいご時世ならまだしも、いま、仕事を探している一般の人々に影響を与えないといえるのか。軽々しい報道があまりにも多いのではないか。本当に最近は毎日テレビを見ていて驚かされる報道ばかりである。報道の自由、公平性、そういったものを報道機関全体でもう一度見直さなければいけない時代になっているのではないかと思う。
  まぁ向こうに言わせれば「死人に人権はない」んですよ。たぶん。
 各局への要望。興奮するからと女性の下着を身につけた後、民家に投げ捨てる行為を繰り返していた変態男逮捕のニュースをテレビ朝日の昼の番組で放送した。その際、投げ捨てられた下着がクローズアップで画面に出たが、下着の映像など放送しないでほしい。気持ちが悪くなるから。いまのテレビは大画面だから一段とショックが大きい。下着泥棒のニュースのとき、警察に押収された盗んだ下着のクローズアップが必ず映し出される。同じ理由で、今後はこれも止めてほしい。下着の映像なしでも下着泥棒のニュースは伝えられるはずだ。
  まぁ向こうに言わせれば「みんな下着に興味あるだろ?」ってことなんですよ。たぶん。
 東京の某キー局は局に批判的な質問をされると取材拒否をするそうだ。反省や今後に生かす気持ちのないような返事だ。批判されるのはわかっていて公正じゃない放送をする放送局。これがテレビ局の現状ではないか。質問されると返答拒否をするテレビ局が企業や役人の不祥事には「説明責任」と「情報公開」を公共の電波で訴える。自分達は批判的な取材をされると「今後は情報は出さない」、「批判されるのは分かっていてやっている」。この態度は一般社会ではあり得ない。テレビってそんなに偉いのか。「我々には権力を監視する義務がある」というようなことを某キャスターが言っていた。考えてほしい。テレビ自身が権力ではないのか?人を批判したいのならまず自分達の襟を正してほしい。
  ふーん。
 神の名を冠した某企業の霊感商法が報道されているが、そもそもこの事件の原因は、科学的検証の出来ない事を平気で放送する局とその放送に規制をかけない BPOにある。今まで散々BPOや各局、総務省に抗議を続けてきたが一向に放送は改まらない。いいかげん、処分を下して欲しい。
 霊感商法についての報道がされているが、事実が伝えられていない。私達一家はそれぞれに奇跡をいただいている。良い結果も報道していただきたい。
  これはまた好対照ですな。
●お笑い編
 今年の流行語大賞のトップテンに「そんなの関係ねぇ」が選ばれたが、子どもたちが今まで以上に真似るのではないかと心配している。海水パンツをはいただけの全裸に近い状態でテレビに出演しているが、賞を獲得したことにより今まで以上に出演回数が増え、子どもたちが見る機会も多くなるのではないのかと心配している。彼の前には股間を振るタレントが頻繁に出演していた。放送関係者は倫理観を持つべきである。
  その股間を振る男は今何してますか? きっと彼もそうなりますから(滅
 昼間からふんどし一つのタレントが出演していた。やたら股間を振るお笑い芸人に続き、ふんどし姿でサングラスをかけた裸同然のお笑い芸人が出演している。一人前の男がこのような姿で大衆の全面に出る事は公序良俗に反している。「公然わいせつ罪」に相当した行為で逮捕されても不思議ではないタレントを、なぜ子どもたちが見ている時間帯に出演させているのか。放送関係者には倫理観がないのか。
  実は知ったのは結構最近w
 テレビの番組である芸人が女子高校生に性器や臀部をこすりつけていた。これは未成年者に対する立派な強制わいせつ罪だ!これだけ犯罪が増え、苦しめられている女性がいるのにもかかわらず、性犯罪をネタにして笑いをとる芸人をなぜテレビ局は使うのか?これは、もはやテレビ局に強制わいせつ罪の教唆が成立するのではないのか?未成年者に対するわいせつ行為の教唆ではないのか?テレビは、面白ければ何をやってもいいのか!日本人のモラルの低下の一因は間違いなく、こういった犯罪じみた行為を行う芸人にあると思う。
  こんなことができる人間を自分はひとりしか知らないのだが……
●アニメ編
 深夜アニメ。この作品はとある高校の剣道部を舞台に、女子部員を中心に目標に向かって頑張る日々を描いた物語。ギャグを交えた物語だが、複雑でドロドロとした人間関係もなく未成年の不健全な描写も少なく爽やかである。劇中に時々剣道の用語などが出てくるので番組を通して剣道への興味が湧いてくる。良いアニメであるが深夜放送なのが残念である。
  「バンブーブレード」
 深夜アニメ。このアニメはいいと思う。最近まで放送されていた話は感動的だった。自らの運命を知りながらも必死の姉の結婚のために奮闘する姿、そしてそれを全力でサポートする主人公。アニメを批判する人たちにも見ていただきたい。
  「CLANNAD」風子ルート。
 深夜アニメ。登場人物の一人がクラスで集団無視されたり下駄箱の靴を隠されるなどのいじめを受けるが、それに怯まず真っ正面に立ち向かうストーリーでとても良かった。ただ、放送時間が真夜中だったので残念だった。ぜひ夕方などに再放送してほしいと思う。
  「D.C.II -ダ・カーポII-」……なんか違和感w 夕方に放送ってわかって言ってる?
  今回は推奨意見に名前を連ねたのが印象的でした。 というか褒められると逆に気持ち悪い文章だと思ったw
 アニメ番組。小さい子どもが食い入って見るような作品で、よく見られるCGなどによる激しい動きを無意味に多用するのを止めてほしい。先日流れた映画の予告を見て、CGのあまりの激しさに気分を悪くして嘔吐したことのあるうちの子どもがかわいそうでならない。過去のポケモン事件の経験を生かし、CGなどの乱用も子どもの体のことを考えた優しいものにしてほしい。
  すでに規制が発動している段階で発症しているのでその子はたぶん特異体質だと思います。
 最近「深夜アニメが子どもの犯罪を助長する」という論調が広まっていますが、そもそも子どもが深夜まで起きていること自体異常ではないでしょうか?子どもが深夜まで起きているのを認める親の側の責任の方が、テレビ局の責任より大きいと思います。子どもにとって不健康だし、そもそも深夜番組は子どもが見ないことを前提に作られています。犯罪の原因を安易にテレビ番組に求めてしまう昨今の風潮はおかしいと思います。

  まぁ何度も言われていることではあるんですけどね。

●その他編

「おしりかじり虫」の歌をよく放送しているが、歌詞をよく聴くと「おしりをかじってかじって~かじられちゃって超いい感じ」という表現があり、ぎょっとする。近頃は児童に性的な興味を持つ倒錯者も多く、警戒心を持たない子どもたちにこの歌を歌いながら近づき性的な害を及ぼすやからが出るのではないかと心配になる。
  前後の文に関連性をまったく感じないんですが。それなら「だんご三兄弟」でもできましたよね。
 最近、大画面テレビの普及によって、テレビ番組の字幕が小さくなっています。茶の間の29インチテレビでも読みにくく、自室の21型では、読めない字幕が多すぎます。今でも14型くらいのテレビを大事に使っている家庭もあると思います。どうか字幕を読めるようにしてください。
  小さいね。しかしいいテレビ持ってるね。うち20型。
 ラジオ番組。番組のコーナーでリスナーに電話をかけたのだが、リスナーは丁度電車の中であった。パーソナリティーは「ま、いっか」と言って電話で話し始めた。電車内での通話はマナー違反であるし、もし優先席の近くだったらどうするのか。「ま、いっか」で済むことではない。青少年がよく聴くラジオでマナー違反を推奨するとは何事だ。

  なーんか聞きおぼえのある話なんだよなぁ…… 【追記】「堀江由衣の天使のたまご」とのこと。

 元番組の情報をお待ちしております。


2008年1月8日火曜日

2008年に期待する女性声優5人+α

① 戸松遥

2007年 がくえんゆーとぴあ まなびストレート!(スイーツ生徒、生徒) キスダム -ENGAGE planet-(まゆら) 神曲奏界ポリフォニカ(コーティカルテ・アパ・ラグランジェス) スカイガールズ(蒔原弥生) ぼくらの(フタバ / 矢村双葉) もえたん(黒威すみ) レ・ミゼラブル 少女コゼット(オドレイ)
2008年 狂乱家族日記(乱崎千花) ケメコデラックス!(エムエム) シャイナ・ダルク 〜黒き月の王と蒼碧の月の姫君〜(ガレット・フェイ・ソワージュ) To LOVEる -とらぶる-(ララ・サタリン・デビルーク
  今年の声優を予測する上で大事なのはやはり1月期よりも4月期の予定を見たほうがよいというのがここ数年で得た経験談である。その点で現時点で一番期待さ れている4月期の新アニメ「ToLoveる」のヒロインを獲得した彼女が一番想像しやすい位置にいるわけで。まだ17歳(なんと1990年生まれ)の若さ なのと、名古屋在住で仕事は東京との往復というのが気になるが、4月になれば卒業。その時点でどんな進路を取るのかは確認していないが、4月期の様子から 見て今年を期待してもいいと判断した。

② 花澤香菜

2007年 月面兎兵器ミーナ(羽蝉ナコル) スケッチブック ~full color's~(梶原空) ひぐらしのなく頃に解(智美) ぽてまよ(ぽてまよ) ムシウタ(杏本詩歌 / ふゆほたる / スノウ・フライ
2008年 GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-(アンジェリカ) 狂乱家族日記(乱崎優歌) シャイナ・ダルク 〜黒き月の王と蒼碧の月の姫君〜(マープル・マシュー・マルサス) To LOVEる -とらぶる-(結城美柑)
  2006年の「ゼーガペイン」で独特の人気を得た彼女だが、2007年4月に川澄綾子、能登麻美子らを擁する大沢事務所に完全移籍。以降、独特の存在感を 持つ声で「ぽてまよ」や「スケッチブック ~full color's~」といった人気作を経験してきた。2008年は戸松よりは離れるものの「ToLoveる」、そして「GUNSLINGER GIRL」の2期にも出演している。こちらもまだ18歳で声優としての引き出しを広げたりするにはまだ早いと思われるが、川澄、能登などとの共演も多く見 込まれており、早い成長が期待できる。ただ現役大学生であり、学業との両立の面で仕事量の不安は否めない。

③ 明坂聡美

2007年 ア イドルマスター XENOGLOSSIA(すずしろ) 家庭教師ヒットマンREBORN!(クローム髑髏) キスダム -ENGAGE planet-(ヴァルダ) ご愁傷さま二ノ宮くん(綾川日奈子) しゅごキャラ!(まなみ) 人造昆虫カブトボーグ V×V(リカ) ナイトウィザード The ANIMATION(マユリ・ヴァンスタイン) ひまわりっ!!(風間椿) らき☆すた(柊まつり) OVA こはるびより(住友みのり)
  正直、あまり特徴がない。もっと言うと空気キャラ系の声の持ち主なのだが、今月あると思われる重大な発表が確かであればそれをベースに事務所であるスペー スクラフトEとともに動き出す予感。スペースクラフトEといえば当然平野綾であり、同い年である彼女が担うのは平野綾に続く2枚看板かバックアップである (千葉紗子と南里侑香はそれぞれに特化してしまったため除外)昨年も身体的な不安が絶えなかった平野対策として事務所の戦略的意図があるのでないかと邪推 した予想である。

④ 遠藤綾

2007年 英國戀物語エマ 第二幕(メアリ、ファニー) キスダム -ENGAGE planet-(流姫那乃亜、ナレーション) 機動戦士ガンダム00(絹江・クロスロード) CLAYMORE(クレイモアA) げんしけん2(中島) 神曲奏界ポリフォニカ(クリスタ) 神霊狩/GHOST HOUND(小木ナミエ) メイプルストーリー(ニーナ) もっけ(優) らき☆すた(高良みゆき
2008年 ネオ アンジェリーク Abyss(アンジェリーク) マクロスF(シェリル・ノームOVA ツバサ TOKYO REVELATIONS(護刃) 舞-乙HiME 0〜S.ifr〜(レナ・セイヤーズ
  2007年、一世を風靡したアニメ「らき☆すた」メンバーの中で放送中から放送後にかけて急成長を遂げているのが彼女である。ここまで紹介したメンバーに 比べれば27歳とやや新人とはいえない位置にいる彼女はかつて「おくさまは女子高生」で川澄綾子との共演歴を持つ。声優としての実力はもともとあったわけ で、4月放送予定のアニメ2本でのヒロインとあの「舞-乙HiME」新OVAシリーズでのヒロインも決まった今年は年齢的にも最後の勝負と思われる。

⑤ 水野理紗

2007年 ウエルベールの物語 〜Sisters of Wellber〜(イオナ) 家庭教師ヒットマンREBORN!(オレガノ) CODE-E(斎橋由真) しおんの王(二階堂沙織) D.Gray-man(ジェイミー・ダーク、ファン) ドラゴノーツ -ザ・レゾナンス-(シェリー) 爆丸バトルブローラーズ(ジュリィ・ヘイワード) ひぐらしのなく頃に解(相談員、子供、男子生徒) レンタルマギカ(ディアナ)
2008年 GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-(クラエス
  今回選んだ5人の中で最年長(29歳)となる彼女はここまで順調に仕事量を増やしている。昨年妙に名前を見かけて気になって調べたら「郷田ほづみの秘蔵っ 子」となっており、彼女の仕事の裏で郷田ほづみの影が見え(共演)隠れ(音響監督)しているのでさらに気になった。ちょっと今年見守っておきたいという意 味で挙げておく。

あとは、藤村歩、井口裕香、阿澄佳奈、豊崎愛生、高垣彩陽なんかも次の5人としては用意してあった。でも何か決め手に欠ける気もする5人だったりする。
……ということで、今年も声優界眺めていきましょう。

アクセス解析