2008年3月28日金曜日

2008年3月のエロラノベレビュー

この投稿へのリンク

 最近思うんですけど美少女文庫や二次元文庫原作のエロアニメは出ないものかと思っている今日この頃です。
 ※ 二次元ドリームノベルズはある。


オススメ度:★★★
 美少女文庫の看板にして鉄板、と言っていいくらいのわかつきひかる新作ヒロインは「先輩生徒会長」志帆。
 下着メーカーをやっている両親の下で育った優一が彼女が転んだ拍子に見えたスカートの中の赤いランジェリーを見てしまったことから始まるラブとエロの物語。
 ヒロインが一人と言うのはいろいろと話や描写に困ると思うんだけど、わかつき作品は2人を繋ぐラブと実際に繋いじゃうエロの両面が充実していてよく組みあがっているのがいいところ。ただほぼ例外なくヒロインが巨乳で、前と子宮の感覚を覚えたら今度は後ろを調教されて……というパターンの作品しか続かないというのはどうなのか。個人的に飽きてはいないもののたまにはちょっと違うものが読んでみたい、というのがわかつきひかる読みすぎな私の感想。特に貧乳ヒロインが読みたい。「AKUMAで少女」も巨乳ヒロインだしね…… まぁ実際やってみたと思われるちょっと違う作品はやっぱりダメで酷評した覚えがあるのだけれど(滅)

オススメ度:★★★
 今月の美少女文庫は鉄板でそろえてきたらしく羽沢向一の「ボクだけの○○姉妹」シリーズもその一つ。今回はオリンポスでトロイ戦争の元凶を作ったヘラ、アフロディーテ、アテナの3女神がその罰として人間として転生を繰り返すことになり、運命の三女神モイライに選ばれた森明の前に日本人の三姉妹、英理、美夏、杏奈として再び神に戻るための選択を受けるために現れるという設定。
 好みとしては表紙や口絵の感じ的にアテナが好きなわけなんですが(女神設定的にもアテナ萌え)文中では「Dカップ」なのが微妙。基本的に性に奔放なギリシャ神話の女神で神話時代から記憶を引き継いで転生し続けているので3人とも順調にコトが運びます。
 冒頭の導入部分を後半の話のヤマに利用するなど構成もしっかりしている印象。最終的に選択を迫られる森明ですが、これも美少女文庫的というか意外といい落としどころを用意してくれました。

オススメ度:★★★
 河里一伸の「○○がいっぱい」シリーズも美少女文庫ではかなり長い鉄板シリーズ。今回はサブタイどおりあからさまに三国志を意識した内容。
 主人公は「葛城亮太」という名前から諸葛亮がモチーフ。「劉崎」家のヒロイン翔子の執事としてスタートして、「曹馬」グループの沙織、「我孫子」グループの絵美香の2人を加えて学園の生徒会長選を舞台に3人と結ばれていく展開。サブキャラクターもそれぞれ三国志の設定にあわせたネーミングが用意されています。個人的オススメはもちろん幼馴染属性+胸もエッチも控えめな翔子。
 このシリーズは基本的に「全員ハーレムエンド」がお約束で、選挙戦の後は当然3人とのハーレムが待っています。
 前作「スポこい!」でもそうだったんですが、怒涛のハーレムモードです。正直何回出せるんだと聞きたい。お約束だけど。

オススメ度:★★☆
 少年冬馬が、夜の校舎でリビングデッドと呼ばれるゾンビたちに囲まれていたところを救ったのはチェーンソー片手に彼らを切り刻む少女、灰音だった。
 以来、冬馬の家に同じくリビングデッドを狩るためにバチカンから派遣された修道女ジュリエッタ、リビングデッドを束ねる学園の魔を監視する役目を負った剣士綺亜が現れ、リビングデッドが狙っているという冬馬の肉体を守るために張り付くことに。しかし学園に巣食いリビングデッドを統べていたのは冬馬が憧れていたロリ生徒会長の流智緒だった……
 灰音自身もリビングデッドになりかけているために言動がトンデモかつ危険なのが、斬新と言うか何というか。なにげに「どいてそいつ殺せない」みたいなセリフ入ってるし。主義的に流智緒萌えではあるものの。比較的長身でぺたんこな綺亜も悪くないと思った。せっかく綺麗な絵師使ってるのにあの服装だし脱いだ絵がなかったのが残念だけど。なんとなく話が完結していないので続編を期待したいところだけれど冬馬を無事に生かしたまま4人が納得できる落としどころってこれと言って見当たらないのが……

オススメ度:★★☆
 予告状を出して参上しては悪いヤツから金品を盗んではその悪事を暴き、盗んだものは貧しい人に恵んでいく3人組(1人はバックアップなので見た目は2人)の怪盗ローズ、若き刑事である司は彼女たちを追う捜査班の一人なのだが、ある日追跡中に負傷してしまう。入院を余儀なくされた司を見舞ってきたのは最近見つけた花屋の主人でその店の三姉妹の長姉、芹香だった……
 もちろん芹香が怪盗ローズのリーダー、ホワイト。次女の荊(いばら)はブラック、バックアップの三女、八重はピンクなわけですが、姉妹モードでも怪盗モードでもハーレムするくせに司には一切バレないまま再び怪盗とそれを追う刑事と言う関係に戻っていきます。まぁバレて捕まるも見逃すもあまり気持ちのいい終わり方になりそうもないので仕方ないのかもしれませんが。基本的に一目惚れっぽい芹香と実は過去フラグのある荊の取り合いと言う形で、八重がやや引いて待ち構える立場。

 今回「怪盗ローズ」についてなんですが、最後のハーレムは荊だけ後ろなのにそのまま他の2人は前にズンズン行ってしまうという描写になっています。エロノベにはよくあることなんですが、最近子宮まで突いちゃうのがデフォルトになってる描写が多いので陵辱系ではない二次元文庫に関してはあんまり気持ちのいいことではないなぁと思ったりして。まぁ小説だから関係ないっちゃあそうなんですが、漫画以上に妄想を要求する分野でもありますから。とりあえず一意見として記しておきます。


2008年3月15日土曜日

B!P!O! B!P!O!のコーナー 2008年2月分

今月もやってきましたご意見板 http://www.bpo.gr.jp/bpo/iken/index.html

●報道編

冷凍食品餃子殺虫剤混入による事件。以前に中国産食品の残留農薬問題が報道されたことから、憶測による中国産食品批判の偏見ともいえるマスコミ報道が始まった。問題の冷凍餃子製造工場が特定されると、入手した数枚の工場内写真から「素手で食品を扱っている」と不衛生さを批判する。また、最近では「問題の冷凍餃子販売元の株式を空売りしたトレーダーが犯人ではないか」という、裏付けもされていない中国インターネットの書き込みまでもテレビニュースで取り上げている。マスコミは、いつから裏付けもないいい加減な情報を垂れ流すようになったのか。インターネットには根拠のない誹謗中傷が星の数ほど存在する。偏見とネット情報、その危うさをマスコミは理解できているのだろうか。国民に誤解を与える報道は慎むべきだ。
もともと。ネットのおかげでネット並みにはなったけど。
外国では軍艦に敬意を表して、他の船が進路を譲るのが常識だ。大型船に飛び込むのは、自転車でダンプの前に飛び出すのと同じ。海の上では自分の命は自分で守るのが世界の常識。法律を振りかざしても、「板子一枚下は地獄」というように海は危険であり死ぬのは自分なのだから。"なだしお"の事故報道といい今回といい、日本の報道はおかしい。目新しい悪役を見つけ、中国の不祥事を報道しないために飛びついたのかと思う。これでは子供に「もっとニュースを見なさい」とは言えない。むしろ「そんなニュース番組なんて見るんじゃありません」と言ってしまいそうだ。正しい事実に基づいた報道をして欲しいものだ。

まぁそれでも海自にかなりの過失があったことは間違いないからなぁ。

●35歳を過ぎると~編

「女性は35歳を過ぎると羊水が腐るから私は35を過ぎたら出産しない」という女性歌手の発言に、36歳で出産した私は侮辱されたような気がした。許せない発言だ。そして問題点がもうひとつ、後にこの番組は録音による放送だと知ったのだが、むしろこちらの方が問題だ。録音だとすれば、番組スタッフはこの不適切な発言をカットして放送できたはず。それをしなかった、つまり発言の問題性に気付かなかった番組担当者の倫理観のなさに驚いた。そんな人間が番組制作をしているのかとあぜんとした。


女性歌手の録画インタビューについて、東京キー局では大きく「謝罪会見」と銘打ち、放送していました。内容を視聴しましたが、彼女はただの一度も頭を下げることも、視聴者に向かって謝罪することもなく、編集でのつぎはぎだらけの内容でした。私は彼女の暴言で特定された世代であり、謝るのであれば見てみようと思ったのですが、逆に気分が悪くなり、昨日は体調を崩してしまいました。「ごめんなさい」という言葉も、言葉に詰まってインタビュアーに向かって言ったのを、今朝の同系列のスポーツ紙では「謝罪」と報じています。番組を見なかった人は、あたかも謝罪したような印象操作を受けていることになります。報道は事実を伝えるものであって、企業の戦略に使われるべきではありません。厳罰をお願いいたします。

ラジオでの「35歳過ぎると羊水が腐る」発言で物議を醸している女性歌手ですが、先日バラエティー番組内でまた不適切な発言をしていました。スーパーで売っている、生産者の顔写真が貼ってある野菜のことを話していて「誰やねん」と野菜農家を侮辱するような発言でした。あたかも、"有名人気どりだけど、あんた一体誰なの?"と言わんばかりの侮蔑的な態度でした。国内外問わず食の危険性が取り沙汰されている昨今、消費者が安心して食品を購入できる素晴らしいシステムだと思いますが、それをテレビに出て発言する人があからさまにバカにしてよいのでしょうか。だいたい常識のない芸能人や歌手がはびこる世の中にした放送界の常識度が問題です。彼女をはじめ若い人に影響力のある人(は多くが常識をわきまえず、オツムが弱い)ですから、これを真似して小中高生がスーパーでトレーサビリティー野菜を指して「誰やねん!?」と嘲笑するようになったら…想像に難くありません。連日の失言、女性や農業従事者など次々と侮蔑する発言をする人が今後も自由にメディアに出続ける(出し続ける)のは大変危険だと思います。放送局の良識はないのでしょうか。

今月になって大量に来たか。

●放送局編

天候の荒れ・強風に関するニュース内で、女性のミニスカートから太もも部分にかけてのアップが数秒間流れました。偶然映りこんでしまったという状態ではなく完全に女性のミニスカート姿を狙って撮影していました。強風のニュースで女性のミニスカートがめくれ上がる場面を取り上げること自体が報道として適切ではありませんし、その女性は撮られていたことを知らないまま全国に放送されたのではないかと思います。テレビでは毎年台風のニュースの際にも女子高生のミニスカート姿やスカートをはいた女性の足元を映すことがあり、大変不愉快に思っていました。今後は、二度とこのような報道と称した盗撮まがいの映像の撮影や放送をしないよう強く望みます。
よくあることですから(滅)
東京マラソンの特集があり、以前走ったアナウンサーが今回走るアナウンサーに対してアドバイスをしていた。その時「ゼッケンを見せれば地下鉄に乗って、ただで東京ビックサイトまで行ける」と放送した。私は「そうなんだ・・・」と思っていたが、本日、東京マラソンHPで上記番組での誤報道のお知らせが掲載されていた。そこで主催局のHPを見たところ、謝罪は全くされておらず「きのう、当社の番組で『東京マラソンのナンバーカード(ゼッケン)を見せれば地下鉄に乗れる』とのコメントをお伝えしましたが無料では乗ることが出来ません。一般の方と同様、公共の交通機関を利用する際は有料となりますのでご注意下さい」というお知らせを出しただけだった。参加者はもとより観客や視聴者などに多大な迷惑をかけているにも拘らず、謝罪がないというのはいかがなものか。番組プロデューサーが画面に出て、この件について謝罪すべきだ。HPのコメントだけでは許されない問題である。マスコミの取材方法はひどいものなので、 BPOにもしっかりと注視していただきたい。
前回はできたってことかなぁ。それとも……。

サッカー東アジア選手権で中国人選手の日本人選手への暴行が行われた後に、中国人サポーター、中国人観客から日本人選手、日本人サポーターに対して大量の罵声が浴びせられた。しかし、中継アナウンサーは「今の(中国側)観客の声援の意味は中国監督の批判だそうです」とおかしな説明をした。私は中国語が理解できるのですぐに分かったが、中国人サポーターは「加油(ジャーヨー=がんばれ)」ではなく、「殺狗(シャーゴー=犬『日本人』を殺せ)」と日本人に対して叫んでいた。放送には日本人への罵声が収録されているからすぐ調べられるはずだ。アナウンサーは中国擁護の発言もしていたが、中国人サポーターの罵声を意図的に内容を変えて放送するのは亀田事件同様、捏造である。BPOとして東京の放送局の捏造に対して勧告するべきである。

中国相手にはよくあること。

●お笑い編

漫才師が総理大臣となったらという設定の番組で「病院のモラルが下がっている」など、現実と全く逆のコメントを堂々と発言されていました。これだけ新聞や TVで医師や看護師の労働環境が過酷で日本の医療崩壊の危機が叫ばれていて、日本の医療は医療従事者の気持ちだけで持ちこたえてる状況だと広く報道されている時に「この内容はないだろ…」と思いました。あの番組スタッフは医療現場をきちんと取材をしているのか、単なるプロパガンダ番組ではないのか等の疑問が頭をよぎります。さらにこの局の報道姿勢に疑問を感じます。今、同局系の企画の中で「医療崩壊を食い止める」ことを取り上げています。同じテレビ局で一方では医療崩壊を食い止めるとし、もう一方では崩壊に拍車をかける。この状況は良くないと思います。
番組の一貫性は必要かもしれないが局の一貫性はなぁ。
「四国に3本も無駄な橋を造った」という強烈な非難を受け深く傷ついた。国土の均衡発展のために全国から税を徴収し、全国の発展のために国が整備している事業に対し、漫才師が総理大臣と称し、勝手に「これは無駄」と発言していることに非常に不快感を覚える。それでは、東京の人間は便利で、田舎の人間は不便でいろというのか。同じように税金を納めているのに田舎に住む人間を下級市民扱いしているとしか思えない発言である。BPOとして番組に対する指導をお願いしたい。

贅沢を言えば橋の上にも駅が欲しかったかなぁ。

●ドラマ編

現在日本では、外科医が20年後には0になると危惧されている。現在の医療崩壊、減医地域、閉鎖病院が増えている現状で変質的な元外科医が殺人を犯すドラマを放送することについての局の常識を疑う。また医師は高級車に乗る設定で国民に誤解を与える内容となっており、不適切だとは考えないのか。医療では、医師・患者間の信頼関係が一番大切で、特に日本の様な低医療費で最大限の効率を上げようという国ではそう言える。フィクションだからでは済まない。


関係ないと思うし。

●アニメ編

アニメ番組。昨年から復活した世界名作劇場。とてもすばらしい番組だ。このような名作アニメを多くの方々に見て欲しいと思う。
ポルフィの長い旅。まだ旅をしていないらしいけど。
アニメ番組。このアニメは青少年に見せると凄く良いと思う。正義感の凄く強い主人公達や仲間達との友情など、今の日本人に足りないものを教えてくれます。良いことと悪いことがしっかり区別されていて、最近のアニメにしてはすごく良い影響を与えてくれるものです。これが、一部の地域の深夜番組になっているのが凄く残念です。
……不明。情報待ち。
アニメ番組。第6話は、学校内での陰湿ないじめや暴力シーンがあまりにも露骨に表現されていて見るに耐えない。制作者は命の尊さを訴えたいのかも知れないが、表現方法に問題がある。放送が夜間~深夜の時間帯とはいうものの、録画すれば時間帯に関係なく視聴出来て、しかも無料放送なので視聴に関して何の制限を受けることもなく老若男女を問わず誰でも視聴出来る環境で、このような内容は極めて不適切ではないか。パッケージメディアが売れさえすれば、どんな内容でも許されると勘違いしている制作者には猛省を促したい。ある局では該当話数を放送せず、欠番扱い(予告もなし)としたそうだが、これは放送局として適切な判断だったと思う。
シゴフミ。あんな話でDVDは売れない。
アニメーション番組中に過激(残酷)なシーンがあり、公共の放送の内容として不適当と考えられました。問題のシーンは結婚式のシーンで無抵抗な者が残虐に殺され、生き残った少女の片手を奪うものでした。 見ている者の全てが善意の人間とはいえないことから、無抵抗の力士がリンチされるおかしな状況の社会に、問題の残る内容と感じます。
00ですか。問題のシーンは見たことないんですが。
最近、「アニメがグロテスクだ」「性描写が多い」等と言われ打ち切りになっているものもあるようだが、それなら午後9時~11時台に放送されているドラマや映画なども過激なラブシーンや殺人シーンがあるので規制するべきだと思う。アニメはほとんどが深夜帯に放送されているので見る人はある程度限られるが、ドラマなどが放送されている午後9時頃は小さい子どもも見る可能性があるので規制する必要は多いにあると思う。


とりあえず「深夜だから」という理由はすでに通じません。録画がありますから。
純粋に実写なのにドラマの残虐描写が放置であることを追及すればいいと思います。

●わいせつ編

議事録を読んだ。男児の裸に対して抗議するそうだが、それだけではなく、一般男性の入浴姿や男性芸人の露出など、最近のテレビは成人男性の裸が目に余る。女性の裸に関しては過剰に規制しているのだから、男性の裸の露出にも歯止めをかけるよう指示していただきたい。ガイドラインとして(1)一般男性が入浴してる浴槽にカメラを持ち込まない。(2)男性芸人が性器や尻などを露出する行為はわいせつであると認識させる。(3)女性の裸だけ規制し男性の裸は野放しにするのはおかしい。規制するなら男女ともする。しないなら男女ともしない。その辺の注意をお願いします。

教養番組。偶然見た番組だが、医療関連の話題を進める中で、画面に赤ちゃんのおちんちんが映っており、困惑した。こんな映像を流しても問題ないのだろうか?
なんで? 必要とあらば内臓とか出しちゃうよ。
ラジオ番組。クイズ・なぞなぞコーナーのようなものがあるが、聞き方によっては性的内容にも取れる問題が出される。出題の男性アナウンサーの声にエコーがかかり、明らかに性的内容をうかがわせるいかがわしい演出がなされている。例:男の子が好きな女の子といるとき、すぐに立つもの云々。男性器の勃起を連想させるが、答えは「時間」だ。出演者は小中学生を含む女子グループであり、児童福祉法・青少年保護育成条例等法令に反する可能性がある。至急取りやめさせてほしい。
そのいかがわしい誤答を考えたのあなたじゃないですか。
バラエティー番組。福岡天神の中心部にある公園内で、一般女性に声をかけ内股の温度が何度あるかその場で計ってもらうというコーナーで、温度計を挟んだ内股のアップを撮影し放送した。昼間の取材で未成年や老若男女を問わず衆目を集める場所で、このような倫理感のない、意味のない取材に腹が立つと同時にメディアの節操のなさに悲しくなった。


アホなコーナーだなぁw

●CM編

パチンコ台のCMの規制について。韓国や台湾ではパチンコは社会的害悪が大きいということで規制の対象となり、いまや違法行為にまで及んでいるということを知った。日本も働き盛りの人々の社会現象となっている多重債務やギャンブル依存のほとんどがパチンコに関連していることは明白だ。このような麻薬に匹敵する恐ろしいパチンコなのに、CMなどの規制も非常に甘く「気持ちいい」「合体したい」というセックスを連想させる内容をお茶の間に流すことも何かがおかしい。これ以上日本にパチンコ中毒者を出さないてために正しい倫理の判断をしていただきたい。

現在テレビで放映されているビデオソフトレンタル・販売店のCMで、女が男の頬をビンタしているのは見ていてすごく不愉快です。ドメスティックバイオレンスが問題になっているのにこんなCMを流す神経が理解出来ません。もし逆に、男が女をビンタしていればDVだと苦情が殺到する筈なのに、なぜ女が男をビンタするのは問題ないのでしょうか。これ以外にも、ドラマ等で女が男性の股間を蹴ったり、頭を物で叩いたりするのを頻繁に見かけます。最近のテレビは、女から男への暴力は肯定されるように演出されていてすごく腹が立ちます。これは男性に対する視覚的、精神的暴力であり、性差別でもあると思います。

よく言われることではあるんだけど。

  今月もなかなか読み応えがありましたねー。
ところで男児の裸については先月の定例会でとある人が説明(http://www.bpo.gr.jp/youth/giji/giji_0801.html)をしたようなのでチェック。
こういう活動してる人はなんかいろいろいわくがありそうと思ってしまう今日このごろです。

アクセス解析